花粉症をぶっとばせ!!
僕の花粉症との戦いの記録です。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうして花粉症になる?
花粉症デビューの時に上司から聞いた話です。

医学的にどこまで正しいのかはわかりませんが、妙に納得してしまいました。

「人間の花粉への耐性はバケツみたいなものやねん。」

去年僕が花粉症になったらしいと会社の上司に告げた時、彼はこう言いました。

「花粉を吸い込む度に、吸うた花粉がバケツに溜まっていくねん。 まだバケツに余裕があれば、花粉を吸っても何ともないけど、バケツが溢れたらな、それ以降に吸うた花粉はバケツに入らへんから、鼻水流したりくしゃみしたりして体から追い出そうとすんねん。」

「バケツをひっくり返してもう一度空にする事はできないんですか?」

「・・・残念ながらそれは無理やろな。」

2006年の春、僕のバケツはどうやら溢れてしまったようでした。

彼の例え話が医学的にどこまで正確なのかはわかりませんが、何となく納得してしまう説得力はありました。

人間はきっと色んなバケツを持っているんでしょう。
スギ花粉用のバケツ、イネ用のバケツ、ブタクサ用のバケツ、ハウスダスト用のバケツなど。

そして人によってそれぞれの大きさが違うのだと思います。

巨大なバケツを持っている人は中々花粉症にならないし、バケツが小さければすぐに花粉症になってしまう、ということでしょうか。

だとしたら、今花粉症になってない方は、できるだけバケツを溢れさせないように、花粉を吸い込まないようにした方がいいですね。

花粉の季節には外出時はマスクをする、帰ってきたらうがいや鼻うがいをする、服についた花粉は落とす、など、できる事はたくさんありそうです。

僕も花粉症デビュー前に少しは気をつけていれば、後何年かは発症を遅らせられたのかも知れません・・・。




テーマ:花粉症 鼻炎  - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gimmeshelter.blog91.fc2.com/tb.php/6-1b71c30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。